実家を結婚相手を連れてこれる状態へ…!結婚を機にミニマリストになった32歳女性の改善ストーリー

今回は38歳女性が結婚を機に相手を実家に連れてくるためにミニマリストへ変化した際の体験談です。

汚い家が家族のコミュニケーションまで影響

Q.ミニマリスト、シンプリストになる前はどんな生活を送っていましたか?

母は片付けができない人で実家はものがあふれていて足の踏み場がないほどでした。兄弟が多く、マンション暮らしで収納が少なかったのも原因だと思います。

父は時々片付けろと言っていましたが、母は聞き流していて何もしませんでした。父はあきらめたようで休日は家で休むこともできずに外で時間を潰していました。

兄弟は就職したあとは実家にめったに帰ってきません。こんな家が嫌で仕方ありませんでした。実家が汚いことが原因で今では兄弟とのコミュニケーションもほとんどありません。

結婚を機に実家を結婚相手に見せられるように改善

Q.ミニマリスト、シンプリストになろうとおもったきっかけや出来事を詳しく教えてください。

27才のときに結婚することになったのですが実家を見られたくなくて彼を実家に連れて行くことができませんでした当時一人暮らしをしていたので実家がどのような状況になっているかわからなかったのも理由の一つでした

久しぶりに実家に帰ったらますますひどい状況になっていて私が何とか人が呼べるくらい片付けて実家に連れて行くことができたのは結婚すると決まってから半年後でした

私は家庭を持ったらこうなりたくないと思いました

捨てる、買わない、もらわないを徹底

Q.ミニマリスト、シンプリストに変わるためにあなたが具体的に実践したことを教えてください。

まず自分の持ち物をどんどん処分していきました実家に置いてあった自分のものは全て捨てました母に抵抗されたりしましたがそのときは自分の家に持って帰ってから捨てました

一人暮らしをしていた自分の部屋のものは一年使っていないものは処分しましたそしてものを買わないようにしました

買い物には行くけれど雑貨などは買わずにウインドーショッピングを多くするようになりました無料でもらえるものなどももらわずに家にものを入れないことを心がけました

いつでも人をあげられる空間と心の余裕を手に入れた

Q.ミニマリスト、シンプリストになった今、物理的なことや心境でどんな変化がありましたか?

家がすっきりしたことで家にいる時間が楽しくなりました。ものが少ないと掃除も楽だし、子供が友達を連れてきてもすぐに家に入れてあげることができるのでストレスがなくなりました。

実家は相変わらずものであふれていますが、母がそれでいいならいいかという気持ちになりました。無駄なものを買わなくなったのでお金が貯まるようになりました。

年に二回旅行ができています。ものより思い出という考えでたくさんの経験をしています。

買い物は週2度、回数を減らすことで無駄買いを防止

Q.ミニマリスト、シンプリストになってから継続して実行していることについて教えてください。

買い物は週に二回と決めています。今までは特売のものを目当てに買い物に行ったりしていましたがお得だからといって他のものも購入したりしてしまっていたので曜日とお店を決めて買い物すると余計なものを買わないので節約にもなるしゴミも少なくなります。

また無料のものでも必ず使うもの以外はもらいません。ポケットティッシュは家に帰ったらすぐに使ってしまいます。

旅行ではお土産は残るものは買わずにお菓子など食べたらなくなるものを選んでいます。とにかく家の中にものを入れないということを心がけています。

ミニマリストのブログが参考になります

Q.これからミニマリストやシンプリストになる人にオススメするモノをひとつ、理由と合わせて教えてください。

にほんブログ村のミニマリストのブログを見るとミニマリストがどのような生活をしているのかがよくわかります。また筆子ジャーナルというブログがおすすめです。

筆子さんがどのようにしてものを処分していけばよいのかをわかりやすく解説してくれているので参考書のようです。私もミニマリストという言葉を知ってから筆子ジャーナルを見てものを捨てまくりました。

読者からの質問にも答えてくれるのでわからないことがあったら直接筆子さんに聞くことができます。

スポンサーリンク