家計簿で気づいた無駄、ミニマリストになって快適な空間を手に入れた32歳女性の話

今回は32歳女性で家計簿で無駄に気づいたことをきっかけにミニマリストになった方の体験談です。

安物雑貨やDIYでモノに溢れた部屋

Q.ミニマリスト、シンプリストになる前はどんな生活を送っていましたか?

部屋をオシャレにしたいけどインテリアにこだわれるほど生活に余裕があるわけでもなかったので、100円均一や低価格の雑貨店でいろいろ小物を購入してDIYしたりして、部屋を飾ることに一生懸命になっていました。

一つ一つが安いため、予備にと何個も同じものを買ったり、ストックしていたりしました。同様に服や食料品も同じ考えを持ち、安いものをたくさん買い込む癖がありました。気がつくと部屋はもので溢れかえっていました。

家計簿をつけて気づいた多くの無駄

Q.ミニマリスト、シンプリストになろうとおもったきっかけや出来事を詳しく教えてください。

節約して楽しんでいるつもりだった部屋のコーディネートも、こまめに買っていたのでなかなか自覚できなかったのですが高額になっており生活に全く余裕がありませんでした。

そこで家計簿をつけて、毎日買ったものをきちんと記録し見直してみると、どれだけ余計なものを大量に買い込んでいたかと言うことに気がつきました。

それから部屋に溢れかえっていた物を一つずつ本当に必要なものか、そうでないかを判断しながら捨て、全てをリセットしてみました。その時に残ったものはごくわずかだったのですが、それだけで1週間生活してみたら特に困ることがなかったことに驚き、ミニマリストになろうと思いました。

断捨離を実行、100均でなんとなく買う習慣もやめた

Q.ミニマリスト、シンプリストに変わるためにあなたが具体的に実践したことを教えてください。

まずは断捨離をしました。本当に必要!と思ったもの以外は捨てました。少しでも迷いのあったものも思い切って捨てました。そして残されたものだけで生活をし、必需品だけ買うようにしました。

買い物に行く際は考えに考え、迷いがあったり判断できない時は買わずに帰って一週間考えても買わないと!と思えるものだけを購入しました。

また使った物は必ず元の場所にその日のうちに戻すように徹底しました。そうすることによって、持っているけど何処にあるかわからないから100均一で買ってしまおうという、今までの習慣をなくしました。

ストレス激減、掃除も楽に。

Q.ミニマリスト、シンプリストになった今、物理的なことや心境でどんな変化がありましたか?

心理的にはとても生活が楽になり、ストレスが減りました。普段から物がないととても掃除がしやすく、毎日床掃除するのも全く苦にならなくなりました。

まあ友達が遊びに来るから、急に親戚が訪ねてくるからと焦って準備しなくてもいいし、片付いている部屋はみんなからの評判もよく褒められるので心が穏やかになりました。

今までごちゃごちゃ物の置いてあった床も何も置かないと決めてからは部屋の中も物を踏む心配もなく歩けるし、家が一番安心してリラックスできる空間となりました。

机や床の上にものを置かないルール

Q.ミニマリスト、シンプリストになってから継続して実行していることについて教えてください。

床と机の上は使った物は必ず片付け、通常の状態では何も置かないことです。また一つの空っぽの部屋をつくっていることです。

その部屋に布団をひけば急な来客にもすぐに対応できるし、子供たちがきたら走り回れる遊び空間になるし、大きな荷物を買って一時置いておくスペースにもなり、あらやることに余裕を持って対応できるスペースにしています。

家に余裕があれば不思議と心にも余裕ができることに気がついたので、このルールを続けています。

ソファベットは来客時に便利

Q.これからミニマリストやシンプリストになる人にオススメするモノをひとつ、理由と合わせて教えてください。

ソファベットです。多用途で部屋の中で一番大きく、場所をとる二つの家具が一つにまとまっているのは、広いスペースを確保するには最適のアイテムです。

また移動できたり、来客に対応できる点もポイントがとても高いです。また床に直接置くタイプではなく、脚付で床から離れている物を選ぶことも大切です。

脚付で床から浮いていると、掃除する時もノンストレスでとても楽です。もっと部屋にスペースがいる時は倉庫や他の部屋に移動しておくこともできるしとてもオススメです。

スポンサーリンク