ミニマリストの知人との出会いをきっかけに転身、ダイエットも貯金も成功

今回は《35歳、女性でミニマリストの友人との接触をきっかけにミニマリストになった方》の体験談です。

収集癖による散らかった部屋でのストレスフルな生活

Q.ミニマリスト、シンプリストになる前はどんな生活を送っていましたか?

収集趣味があり、お気に入りのキャラクターのグッズなどを集めていました。また、ストレスがたまると買い物がしたくなるので、毎月、服やバッグや靴といったファッションアイテムを購入していました。

そのせいでクローゼットはいつも満杯状態でした。整理整頓は心掛けていましたが、すぐに乱雑な部屋に戻ってしまいます。

散らかった部屋を見るだけで気分が沈みがちになり、ため息も多くなっていました。ストレス解消のために購入していたので、不必要なものが溢れていました。

ミニマリストの友人との出会いで憧れを持った

Q.ミニマリスト、シンプリストになろうとおもったきっかけや出来事を詳しく教えてください。

わたしの友人にミニマリストがいて、彼女の行き方がとてもすっきりとしていてうらやましいと感じたのがきっかけでした。

彼女は持ち物や服装はとてもシンプルでしたが、清潔感があり洗練されているように見えました。

わたしは毎朝、乱雑にしまわれた服を引っ張り出すところから始まるのに、彼女は限られた服から組み合わせや着こなしを楽しんでいて、時間にも余裕があるように感じたんです。細かな悩みや不満がないので気持ちにも余裕が出ていました。

溜め込んだグッズたちを手放してすっきり

Q.ミニマリスト、シンプリストに変わるためにあなたが具体的に実践したことを教えてください。

クローゼットの中にあった服やバッグなどをすべて引っ張り出して、どんどん捨てていきました。

手元にはシンプルなシャツやパンツ、スカートだけを残してすべてを手放したんです。そうすると思った以上にゴミ袋がいっぱいになり、逆にがらんとしたクローゼットを見たとき気持ちがスッキリしました。

趣味で集めていたグッズも、売ったり譲ったりして手放しました。徐々にではありますが、家具も整理をしています。テレビとベッドは一番に処分しました。

気持ちが前向きになり、ダイエットや貯金にも成功

Q.ミニマリスト、シンプリストになった今、物理的なことや心境でどんな変化がありましたか?

部屋がスッキリし、テレビも処分したことで帰宅後に活動できる時間が出来ました。寝るまでの間に試験勉強ができるようになり、前向きにこれからのことを考えられるようになりました。

食材も毎日使う分しか買わないので、間食がなくなりダイエットにも繋がっています。

そしてミニマリストになる前より、自由になる時間が増えたような気がして、いろんなことに対して余裕をもって考えられるようになりました。物に対しての執着がなくなったせいか、少しずつですが貯金もできるようになりました。

古着は買わない、ミニマリストになってから決めたこと

Q.ミニマリスト、シンプリストになってから継続して実行していることについて教えてください。

ミニマリストになってからは、古着は極力買わないようにしています。古着は安くて良いと思っていたのですが、一度購入した服を長く着ることを考えると、ファストファッションでも良いから新しいものを買ったほうが長持ちすることが分かりました。

デザインもシンプルなものを選び、柄が入っているものはあまり選ばなくなりました。柄はスカーフやストッキングでプラスできるので、服は極力シンプルな色と形を選ぶようにしています。

片付けも楽な寝袋で寝付きがよくなった

Q.これからミニマリストやシンプリストになる人にオススメするモノをひとつ、理由と合わせて教えてください。

わたしがオススメしたいのは寝袋です。ベッドを処分したので、我が家には布団もありません。寝袋なら敷き布団も掛け布団も不要ですし、体がくるまれている感覚がとても落ち着き寝つきが良くなりました。

片付けるのも簡単ですし、汚れにくい素材で出来ているため手入れもしやすいです。二人が並んで眠れる大きいサイズの寝袋もあるので、夫婦や家族で楽しみながらミニマリストを目指すことも出来ると思います。

寝袋なら寝相が悪くても掛け布団からはみ出すこともないので、子どもにもオススメです。

スポンサーリンク