大掃除でみんなが捨てたもの、悩んだモノ、後悔したものリスト

大掃除する際に捨てるかどうかの判断はすごく迷いますよね。今回は過去に大掃除を実行したひとから「大掃除で捨てたもの」についてアンケートをとり、具体的に捨てたものをリスト化しました。それぞれ捨てた理由も記載していますので捨てる判断材料にしてください!※このリストは随時更新していきます!

また「大掃除で捨てるのに迷ったものリスト」や「大掃除で捨てて失敗したものリスト」も用意していますので合わせてチェックしてみてくださいね!

大掃除でみんなが捨てたものリスト

家電・オーディオ機器

電子レンジ

・電磁波での調理が苦手で、ご飯も蒸籠で温めなおした方が美味しいから捨てた。

・電磁波が食材の細胞を破壊し、それを食べる事による健康被害のリスクを知り、迷わず捨てた。

テレビ

・ほとんど見ていなかったし、場所を取るので捨てた。

・パソコンがあれば困らないので捨てた。

炊飯器

・土鍋で炊いた方が美味しいから捨てた。

・鍋でお米を炊くようになったため捨てた。

掃除機

ほうきや雑巾掛けで間に合うので捨てた。

家の固定電話

家族一人ぞれぞれ携帯電話を持っているので捨てた。

洗濯機

家族みんな大人になり汚れる事があまりないし、手洗いは生地が痛まないので。知り合いにあげた。

エアコン

エアコンの風が嫌いだし、空気は乾燥するし、電気代かかるので処分した。夏は扇風機で過ごし、冬は着込む。

電気ケトル

お湯がいるときは鍋で沸かせばいいから捨てた。

空気清浄機

エアコンで代用できることを知ったから。

オーディオのコンポ、CDラジカセ

・オーディオコンポはスマートフォンで音楽が聴ける時代となり、必要性を感じなくなったから捨てた。

・CDラジカセは今は携帯から好き音楽が聴けるので、おばちゃんにあげた。

古いパソコン

iPhoneとiPadでほとんどまかなえた為捨てました。

ホットプレート

年一回ほどしか使わなくて、置き場も多く取るため捨てた。

家具・インテリア、キッチンまわり、小物

ベッド

・畳の上に布団を敷いた方がスペースを広く有効活用できるから捨てた。

・ソファーベッドを使用した方が幅を取らないので捨てた。

インテリア小物

部屋を飾る必要はないので捨てた。

収納家具のタンスや靴箱、収納ボックス

・クローゼットと玄関収納に収まるもの位しか使わなかったので捨てた。

・備え付けのクローゼットのみの収納分しか洋服を持たないと決めたので捨てた。

・収納ボックスはあればあるだけ小物を集めて収納してしまうため捨てた。

ハンガー

服をもう増やさないと決めて捨てた。

ラグ、お風呂(玄関)マット、カーペット

・ラグやマットはなければ床掃除がしやすいため捨てた。

・カーペットは普段ソファーに座る分特に必要ないと感じ捨てた。

スツールに変えたので捨てた。

椅子

座っているより立っているほうが体への負担が少ないので捨てた。

食器

・5枚あれば足りるので他はすべて捨てた。

・引き出物の食器は自分の趣味ではないので使わないから捨てた。

土鍋

普通の鍋でよいと感じたから。

観葉植物

部屋に緑がほしいので購入して気に入っていたものの、他のものを処分する途中ですごく邪魔に思えてきたので捨てた。

ゴミ箱

子どもや夫がゴミをゴミ箱に捨てないので数を増やしたが一向に捨てるような様子もなく、それならば室内のゴミ箱を1個にして私が全て回収すればいいと思ったので捨てた。

衣類関連

洋服

  • 私は子どもが産まれてからお洋服を断捨離しました。独身の頃は可愛い服やお出かけ着をたくさん持っていましたが、幼い子どもがいると出かけるのは仕事の行き帰りとスーパー、実家や病院くらいですし旅行なんて年に1回行けるかどうかです。ですのでオールシーズンの服をトップス、ボトム、インナー、アウター、靴を合わせて計50着程処分し、今は最低限の枚数にしました。その事で収納場所もスッキリし、コーディネートに悩む事もなくなりました。
  • 整理してみるとよく着る1/4以外ほとんど着なかったため捨てた。
  • 独身時代に使っていた洋服はもう着る機会がないから捨てました。
  • 買ったまま着ていない服でいつか着るだろうと取っておいたものは何年も着ていないので捨てた。
  • 洋服は必要最低限の枚数まで捨てました。

バック・カバン

・2つあれば間に合うので他はすべて捨てた。

・1年以上使ってないブランドのカバンはもう今後も使う事は無いから捨てた。

ピンヒールの靴

もう履く機会がないから捨てた。

ウェディングドレス

娘が生まれなかったから捨てた。

バスタオル

場所を取らないフェイスタオルで代用できるため捨てた。

趣味・スポーツ用品

健康器具のバランスボール

実際に活用する機会が限られ、ボール自体の面積を要し、邪魔に思ったから。

ギター

弾く機会がへって、大切な一本だけのこし売りました。

マンガ

ほとんど読まなくて、読みたい時はiPadやレンタルすることにしたので捨てた。

CDとDVD

・動画・音楽配信サービスを使えばよいので捨てた。

・データとしてパソコンなどに取り入れておけばまたいつでも聴けると思い必要ないと思って捨てた。

CDケース

歌詞カードとディスクだけあれば十分だと判断したのでケースのみ捨てた。

観光地キーホルダー

インターネットで見られるし、使い道がなくなったから。

公共の交通機関で移動することができる場所に住んでいるし、維持費が高いから手放した。

おもちゃ

子供が遊ばなくなったので捨てた。

ゲームセンターでとったぬいぐるみ

場所を取るから捨てた。

雑誌と書籍(本)

電子書籍に切り替えるので捨てた。インターネットで販売。

風水の本

運気をよくするためには風水に従って何かを買うよりも今所有しているものを処分して室内をシンプルにする方がいいと思ったから捨てた。

英語の参考書

外国人と交信することが増えて、インターネットで十分と感じたから。

写真、手紙

書類がぐちゃぐちゃになるのが嫌なのと一年に一度見直すか見直さないかなので写メに撮って捨てた。

みんなが大掃除で捨てるか迷ったものリスト

何もかもスパッとすれられればいいですが、断捨離で捨てるのを躊躇していまうものってありますよね。そこでみんなが捨てるか迷ったものについても聞いてみました。

写真や手紙

・デジカメや携帯電話が普及する前の紙ベースの写真はたくさんありましたが、思い出が詰まっていて捨てるのになかなか踏み切ることができませんでした。でも、アルバム1冊に収めきれる分だけ残して後は思い切って捨てました。

・写真は判断が難しく全く覚えのない景色などの写真をすてました。特に子供の写真は、難しくデジタル保存で場所は減らしました。

・写真、手紙など思い出のものはどちらかと言えば人からもらったものを捨てられないタイプだったので、捨てるときに申し訳ない気持ちになり即決できなかった。

食器

もともと器が大好きで、結婚当初から色々と買い集めてきましたが、だんだん趣味が変わってきたので処分することにしました。まだ使える器を捨てるのは抵抗感がありましたが、1年以上使っていないものは捨てました。

CDとDVD

直接アーティストにサインをしてもらったものが何枚かあったので悩んだ。店頭に売っているものではなく一点ものなので手放すのに時間がかかった。

テレビ

・大きめのテレビだったこともありそれが無くなると部屋が殺風景になるので捨てるか悩んだ。小物:誕生日にもらった小物(貝殻、キャンドル、置物など): もらってからずっと飾っていて、決して好みではなかったものの親しい友人からもらったものなので捨てるか悩んだ。

・インターネットの情報や動画で十分と判断しましたが、災害情報における映像の重要性を把握して残しました。

中型観葉植物

一人暮らしをし始めた記念に初任給で買ったものなので手放すのにかなり悩みました。

気に入っていた洋服

捨てるのか悩んだのは滅多に着ないけれど気に入っていたお洋服のことです。ワンシーズンに1回着るかどうかでもその1回はとっておきの時用で思い出深いお洋服や購入した際の値段が高かったものなどです。ですがそれらのお洋服があるから収納場所がいっぱいになっている事、産後のライフバランスやプロポーションの変化を考えるとこのまま持っておいても何も変わらない、と判断し思い切って手放す事にしました。ほぼ未使用や使用回数が少ないものに関してはフリマで売ったり知人に譲るなどしています。

洗濯機

3ヶ月くらい相当悩みました。家族4人だけど、それぞれの上着、下着、ズボン、靴下 これだけでも4×4=16ありますから。汚れがあまり無いとはいえ、手洗いが大変だと思っていたからです。

エアコン

捨てることに迷いはないけれど、処分に結構お金がかかる事と、業者さんが来ないと処分出来ないという事があってなかなか踏み出せませんでした。室内機は部屋に上がってもらわないといけないので…掃除終わるまで依頼しませんでした。”

ベッド

・部屋が狭いため、場所を取ると感じましたが、結果として毎日の布団の上げ下げが面倒に思ったから。

・ベットをやめて、敷布団のみにしたのですが寝心地が良いものにたどり着くのに苦労しました。

コタツ

冬場のみ使用で保管に違和感を抱いていたが、作業する台として活用の幅が広がって、今回は残すことにしました。

CD

・コンポを処分したのですが、パソコンで再生できることから好きな歌手のみ残しています。

・CDは昔の思い出があるのですごく考えましたが聞ける事に重きを置き捨てました。

ウェディングドレス

ウェデイングドレスは捨てるか悩みました。かなり思い入れがあることもあるし、自分の息子の嫁が将来来てくれないかなと想像したりもしたので、捨てる事はかなり悩みました。でも息子の嫁もありがた迷惑かなと思い、これ以上家に置いていても使う事は無いので捨てることに決めました。

ブランド物のカバン

あと独身時代に使っていたブランドカバンは捨てることをかなり悩みました。やはり値段が高額なこともありそれを買うまでに自分が頑張った記憶があるからです。

ぬいぐるみ

思い出の品と同様気持ちが入ってしまうのと目(表情)があるので捨て難かった。

収納ボックス

もともとアクセサリーなどの小物集めが好きだったため小物を入れるための収納ボックスが多かった。収納ボックスを捨ててしまうと小物も捨てなくてはならなくなるため躊躇した。

毛布

冬場非常に寒い家に住んでいることから夜寝る時には必須かもしれないと思って1シーズンだけ考えようと思い、捨てるまでに時間がかかった。

ソファ

新築に引っ越した時に客がどれだけ来訪するかわからず、もしかしたら接客時に必要になるかもしれないと思って1年ほど様子を見たので捨てるまでに時間がかかった。

室内物干し

新築に引っ越した時に浴室乾燥機を付けたことから実質不要になっていたが、乾燥機を利用した際にかかる光熱費がどれくらいかかるか分からず、状況次第では乾燥機の使用をやめて室内物干しを使うかもしれないと思っていたから捨てるか悩んでいた。

大掃除で捨てて失敗したものリスト

思い切って捨ててみたものの、後から捨てて失敗した…後悔した…とみんなが思ったものを紹介します。

洋服や靴

  • 毎年春と秋の衣替えの時期に「捨て祭り」と称して、洋服や靴を処分しています。先日、外出時にいつも履いていないよそ行きの靴を履こうとしたら見つからず、捨ててしまったことに気づきました。時間がなかったので他の靴を履きましたが、コーディネートが上手くい気ませんでした。おそらくいつも履いていないからという理由で勢いに乗って捨てたのだと思いますが、まだ十分に履ける靴だったのでもっとよく考えたら良かったと少し後悔しました。
  • 服を捨てた時一度捨てると勢いがつきあれもこれも捨てたくなるスイッチが入ってしまい、必要以上に捨ててしまい出費がかさんだり、好きな色のモノトーンの物ばかり残したのでコーディネートが地味になりすぎ友人に『どうした?』と言われてしまいました。家族以外に伝えず色々な物を一気に捨てたので親に『もったいない』と小言を言われ、話ししとけばよかったとおもいました。子供の気に入っていた物も勝手に捨てていたようで揉めました。何事にも事前のコミュニケーションが大切ですね。
  • お洋服の中でなかなか着る機会のないお上品ワンピースで汚れや痛みもないキレイなものがあったのですが、購入して5年で一度しか出番がなかったためフリマでお譲りしたものがあったのですが、ちょうどお譲りしてから一週間程のときに主人の会社でのパーティに参加する事になったのです。もしそのワンピースがあれば間違いなく着て行ったのですがもう手元にないため、レンタルショップで似たようなものをお借りしました。もともと気に入ったお洋服だったので今このタイミングかあ、と後悔しました。
  • 断捨離にハマり過ぎてしまい、服や靴、アクセサリーなど大量に人にあげてしまい、着るものが極端に減ってしまった事です。必要最低限の物だけを…と処分していくと季節が変わる時に泣く羽目になります。

掃除機

捨てた後で後悔したものは掃除機です。雑巾掛けやほうきで間に合いますが、掃除機だと吸収力も高いですし短い時間で細かいゴミを取ることができるので捨てる必要はなかったかなと思います。毎日雑巾掛けするのは時間的に無理があるので掃除をしない日もあるほどです。収納場所も取らないので捨てずに取っておくべきでした。

観葉植物

観葉植物は4点ほどあったのですがそれら全てを捨ててしまったので後悔しています。部屋の壁色が白なのですが、1つくらい緑を残しておいてもよかったかなと思います。真っ白な部屋は決して嫌いではないですが、他の色があるほうがもっと落ち着く気がします。

思い出の品

  • 捨ててしまった後に捨てなければ良かったと後悔しています。例えば…アルバム・思いのこもった手紙・家族や友達から貰ったプレゼントなど。断捨離にハマり過ぎると、本当に必要最な物も、捨てなきゃという意識になってしまいます。要注意です。
  • 断捨離で苦労するものは紙類ですが、一番後悔したものは写真です。友達との思い出が詰まった一枚の写真も現在はスマートフォンやデジタルカメラで簡単に撮影や保管ができるので、当時は思い切って捨てました。しかしこうした思い出は二度と返ってこないため、シーンや年代ごとに1枚はとっておくべきであったと感じています。一方紙類の処分は捨ててから数日はよかったと思うものの、保管を工夫すればいつでもとっておけることも学びました。

ベビーカーやベビー服

断捨離をして捨てたものに全く後悔や失敗はありません。むしろ良かったことだけです。ただ知人は要らないと思って捨てたベビーカーやベビー服でしたが、断捨離後に妊娠して捨てなければよかったと後悔していました。不慮のことだから仕方はなかったと開き直っていましたが、ショックだったと思います。断捨離する際に、いきなり全部捨てるのではなく、少しでも悩んだものは少し時間を置いてから再確認して捨てることをお勧めします。

食器類

食器を一人分だけ残して他は全て処分したのだが、実際友人や家族などの来客があったときに1セットしか食器がないと取り分けに不便であった。鍋やたこ焼ききなども来客時にないと寂しいなと感じた。ただ、一人でいる時には不必要なので捨てたことに後悔はしていない。捨てる前は、あーあれは捨てなきゃよかったなと後悔するのではないか?と不安になって躊躇することもあったが、実際思い切って捨ててみたあとに思い出すものがない。捨てたもので思い出せないものは私の生活に無くても支障がないものなのだと思う。

ホームベーカリー

ホームベーカーリーは使用するのが面倒だと思った上に、室内の温度をかなり上げてしまうことからもう使う気持ちがなくなってしまったため処分してしまいました。しかしながらその後に生まれた子どもが乳製品にアレルギーがあり、市販品のほとんどのパンを食べられないことからパンを食べたいという時には自宅で作らざるを得なくなってしまったのです。ホームベーカリーはどんなに安い製品でも万単位の値段はするので新たに買うこともできなかったことから、子どもをこれ以上設けないと決めるまでは捨てるべきでないと思いました。

スポンサーリンク